【ヘアケア】シャンプーは下向き?上向き?髪に良いのはどっち

皆さん、シャンプーの流し方、どうしてますか?

わたしは子供の頃、よく「広いお風呂に行くよ~」と温泉に行っていました。
(昔住んでいた近くに温泉街があったので温泉入り放題だったのです♪)
その頃を思い返すと、洗い場では顔を下向きにして髪を洗っていた人が多かったイメージがあります。

20171026.png

髪の洗い方って、もちろん「昔からこの洗い方だから」という人もいるでしょうが、
とくに公共施設を利用する場合、「周りの人に(水が飛んで)迷惑をかけないように」という配慮から
わざと下向き洗いにしている人もたくさんいるのではないでしょうか。
下向き洗いだと、どちらかと言えば水は前の方に飛びますから、後ろや横の人に迷惑がかからず優しいです。

“他人を気遣う”

こういうところが日本人の美徳であり、
日本人で良かった~!と誇らしく思う瞬間でもあります。


でもコレ、髪の毛には優しくない洗い方なので家ではやめましょう。


……あれれ。途中まで「ちょっとイイ話」な流れだったのに。



キューティクルの向きを制する者は美髪を制する!

知っての通り、キューティクルとは髪の毛を美しく保つために必要不可欠なものです。
髪の毛の構造って、のり巻きに例えると分かりやすいのですが、キューティクルはのり巻きの海苔部分にあたります。
髪の毛の一番外側をウロコ状に覆って、中身を守る「盾」の役割をしています。
キューティクルは最前線で髪を守るなかなか紳士なヤツです。


tekka.png 635477.png
【鉄火巻き上から見た図~(適当)】

かなり分厚く描いた海苔が
キューティクルです。
ちなみにご飯はコルテックス。
中心のマグロはメデュラ
という細胞にあたります。
【キューティクルの向き】

キューティクルはウロコ状に
髪の毛を覆っています。
向きは「上」から「下」
綺麗なウロコ状であればあるほど、
髪はするん♪と美髪。



こう説明すると、髪の毛の構造ってとても単純そうですが、
掘り下げて調べていくと専門用語はたくさん出てくるし、キューティクルは実は何層もあったりと
色々難しかったです。まだ上手くまとめられそうにないので(^^;)
今日はキューティクルの向きだけに注目します。


キューティクルは「上」から「下」向き、つまり「頭皮」から「毛先」向きで髪を覆っています。


ふつう、クシで髪を梳かす時、上から下へ向けて梳かしますよね?
当たり前の事ですが、あれはちゃんと理にかなっています。
キューティクルの向きに合わせて髪を梳かすことによって、キューティクルの傷つきを最小限にしているんですね。


※ちなみに……

オシャレで逆毛を立てる時は、逆に下から上へ向かって梳かしますよね。
あれはキューティクルをわざとバリバリ剥がして、髪を傷ませてボリュームを出しています。
キューティクルは一度はがれ落ちるとけして元には戻りません。
なので、逆毛を立てる時は、伴う代償がなかなか大きい事を肝に銘じておきましょう。



これはシャンプーする時も同じ事が言えます。
下向きでシャワーを当てると、キューティルの向きとは逆になってしまうのでより傷みやすくなります。
あとシャンプー類が大量にお顔にかかってしまうのもデメリットです。
シャンプー類は強い界面活性剤を使っている場合が多いので、皮脂を取り過ぎてしまう可能性があります。
(上向きの場合もそうですが) なるべくシャンプー類はお顔にかからない方が望ましいですね。


調べると、他にも下向きだと顔がたるむとか、(水を吸った重い髪が皮膚を下に引っ張るため、たるみやすくなる)
姿勢が悪いので首に負担がかかる等のデメリットがありました。



上向き洗いで気を付けることは?

さて、ここまで下向き洗いのデメリットについてお話してきましたが、じゃあ上向き洗いはカンペキなのか?
と言われればそうではなく、もちろんデメリットがありました。
それは、下記2点です。

1.襟足付近は洗い残しが発生しやすい。
2.シャンプー剤・汚れは背中を伝うので、背中ニキビの原因になりやすい。


言われれば、なるほど確かに、という感じがします。


まず、1.について。
上向き洗いの場合、どうしてもお湯や汚れは上から下へ流れていくので、
上はキレイに洗えているけれど、下(とくに襟足付近)はまだ流し足りていない場合が多いようです。
洗い残しがあると、フケ・かゆみの原因となり、結果的に薄毛・脱毛に繋がりますので、
洗い残しには十分気を付けましょう。


2.について。
シャンプー剤や頭皮の汚れは背中を伝っています。
なので、シャンプー後にきちんと体(背中)を洗わないと背中ニキビの原因となってしまいます。
とくに背中の毛が多いと、そういったシャンプー剤や汚れをキャッチしている可能性があります。
上向き洗いの場合、シャンプー⇒体といった具合に、上から下へ向かってしっかり洗うのが良いでしょう。



はい、今日はここまで!
少しでも参考になれば幸いです。

キューティクルの向きはシャンプーだけでなく、ドライヤーの時も同じ事が言えますよね。
ヘアケア次回はドライヤーについてのお話にしようと今のところ考えていますので、
気になった方はぜひまた遊びに来てください♪



スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply

About this site
About me
年齢 :20代後半
肌属性:アトピー貧弱混合肌
性格 :生真面目面倒くさがり
女子力:Lv99にいつかなりたい
夢  :たまご肌

たまご肌になりたいちゅんこです。
貧弱肌なので気を付けないとすぐ荒れます。
最近は日光を浴びるとかゆくなる悲しさ。
残念な自分のお肌にがっかりしつつ、
でもそれでも諦めてはいられない!
少しでも憧れ「たまご肌」に近づけるよう
自分なりに努力&研究していきたいです。