スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は洗顔より大事? クレンジングは使い分けが重要!

皆さん、クレンジングはなにを使っていますか?

意外と種類の多いクレンジング…。

 ● ふき取りタイプ
 ● オイルタイプ
 ● リキッドタイプ
 ● ジェルタイプ
 ● ミルクタイプ
 ● クリームタイプ

思い出すだけでこんなにも!!


皆さんが使っているクレンジングはどのタイプでしょうか?
勝手な想像ですが、オイル、リキッドタイプが多いんじゃないかな~と思っています。
なんとなくですが、クレンジング=オイル もしくは リキッド っていうイメージないですか?
少なくともちゅんこはそういうイメージを持っていました。


洗顔よりも大事と言われるクレンジング。
でも、たくさん種類があるけれど、お肌に一番良いクレンジングってなんだろう?
疑問に思ったので調べることにしました!


わたしがまず最初に気になったことは、
クレンジングって色々種類があるけれど、要するに何が違うのさ? です。
オイル、リキッド、ジェル、エトセトラ。
姿かたちが違うのは分かる。でも実際何が違うのかよくわからない!
と、いうことで調べてみると、まあ色々情報が出てきたのですが、サラッと(ちゅんこなりに)まとめると、
要するに洗浄力の強さが違うのサ! という感じでした。


じゃあ、具体的にどれが洗浄力が強くて、どれが弱いのかと言うと、こんな感じ。



cleansing0.png




ほほ~う。そうだったのかと思いました。
どうでもいいけど、この画像つくるの地味に時間かかった。
当然ですが、洗浄力が強ければ強いほど、汚れ(メーク)はよく落ちます。


「だったら洗浄力が強い方が肌に良いってことね! だってメークはしっかり落とさなきゃ肌に悪いもの!」
「なら洗浄力の強いクレンジングがやっぱり最強…」


と、思いますが結論はまだ早いです。


確かにメーク汚れはしっかり落とした方が良いので、
そういう意味では洗浄力の強いクレンジングが良いと言えるでしょう。
だが、しかし! 忘れてはいけないことが一つ。


洗浄力が強い=肌に負担がかかる! ということ!


肌にとって汚れは負担になります。ですが、洗浄しすぎることも大きな負担になるのです。
なので、必ずしも 洗浄力が強い(高い)=お肌に良いわけではない ので注意しましょう。
まったく、お肌ってやつはなんてデリケートなんだ!!


なのでさっきの図はこうなります。



cleansing01.png



洗浄力が強くてお肌にやさしければ一番いいのにね…。
世の中うまくいかないものです(´・_・`)


この図を見て思ったことは、クレンジングは使い分けが重要、ということです。
ほぼ毎日するメーク。それを洗い流すクレンジングですが、毎度毎度洗浄力の強いものを使っていれば
ただでさえメークで負担をかけているお肌に、さらに負担をかけていることになります。


なので、しっかりメイクの時は洗浄力の強いものを。(オイル、リキッドタイプ)
あっさりメイクの時はお肌にやさしいものを。(クリーム、ミルクタイプ)
という具合に使い分ける事が、お肌にとっては一番良いのではないでしょうか。


今日のお話はこれにて終了です!


……ところで……。


メークですか? メイクですか?


最近やたらメインがメーンになったり、メイクがメークになったり、どういうこっちゃという感じです。
調べたらどっちでもいいような事書いてあったんで、とりあえずメークで統一して書きましたが
ちゅんこ的にはメイクの方が正直しっくりきます~。


皆さんはどうでしょうか?

スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

About this site
About me
年齢 :20代後半
肌属性:アトピー貧弱混合肌
性格 :生真面目面倒くさがり
女子力:Lv99にいつかなりたい
夢  :たまご肌

たまご肌になりたいちゅんこです。
貧弱肌なので気を付けないとすぐ荒れます。
最近は日光を浴びるとかゆくなる悲しさ。
残念な自分のお肌にがっかりしつつ、
でもそれでも諦めてはいられない!
少しでも憧れ「たまご肌」に近づけるよう
自分なりに努力&研究していきたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。